自分の見た目に自信を持つ

先生

美容整形外科でほくろを除去する場合、料金や精密検査、処置後の診察など、多岐に渡って相談しておくことが大切です。美容整形外科では、初回に十分なカウンセリングを行うことが多く、患者と医師の間で信頼関係を築くことで、トラブルを解消しています。

良い治療を受けるには

頬を触る人
ほくろの除去治療を行ってもらう病院を選ぶ際の基準としてはその病院の治療内容や医師の技術力、アフターケアサービスや治療の経過が主に挙げられます。これらの主な基準によって病院を選ぶことにより、満足のいく治療を受けることができます。

気になる顔の印象

カウンセリング

具体的に行動する

顔にあるほくろは自分自身が一番気になります。特に大きいほくろや膨らんだほくろがあるとメイクでも隠し切れない場合も多くなります。ほくろの除去というと、美容整形外科をイメージすることが多いですが選択肢はいくつかあります。美容皮膚科や皮膚科を受診して除去することも出来ます。大きな違いでいえば、通常の皮膚科の場合は保険が適用される可能性もありますので費用面が安く済む事もあります。美容皮膚科の場合は保険適用外となりますので、自費で除去します。大きさや数にもよりますが、美容整形外科でのほくろ除去のメリットは一回の施術で複数のほくろの除去が可能な点にあります。特に忙しい人には大きなメリットですし、遠方の腕のいいクリニックで施術を受けたい場合は美容整形外科の方がスムーズです。また一番大切なことは仕上がりです。せっかく除去してもしっかりと取り切れていないと再発してしまうことがあります。その為、腕のいいドクターのいる確かなクリニックを選ぶ事も重要なポイントになります。費用面は、自費というと高額な費用をイメージしてしまいます。実際ほくろの大きさに合わせて料金設定されることが多いですが、大きさにも限界がありますので、膨大な費用となることはありません。料金設定はクリニックによって異なりますので、施術を受ける前に確認しておくと安心です。ほくろは正式に言うと、色素性母斑、母斑細胞母斑となります。メラニン色素が増殖することで出来るものです。一方シミは色素が沈着しているものでほくろとは異なります。シミに対しても治療が可能です。どちらも紫外線を多く受けることで出来やすくなりますので、日ごろから日よけ対策は大切です。日よけ対策は年間通して行うことが理想的です。除去方法としてはレーザーを照射する方法が一般的です。ほくろが濃いほど反応はよくなりますが、痛みは強くなります。必要であれば麻酔を使用する場合もあります。メスを使用する除去に比べると傷跡などは少なく治療後の回復は早いです。その分再発のリスクは多少高くなります。

実績のあるところが多い

カウンセリング

美容整形外科でのほくろの施術が人気なのは、キレイに取れるからです。特に、実績のあるところなら簡単にキレイに取ることができます。安全に安心して受けたいのなら、実績と評判で美容整形外科を選びましょう。また、要望をきちんとまとめておきましょう。

治療法から考える

ウーマン

ほくろを除去していくということであれば、跡が残らないということや痛みが少ない施術方法を選択することが大事です。そうすることによって、施術の負担を最小限にしていくことが可能となっています。現在では、様々な種類の施術方法があります。

コンプレックスの除去

頬を触る人

美容整形外科にてほくろを除去する場合の治療方法はいくつか種類があります。液体窒素を使った凍結療法は千円?1万円、炭酸ガスレーザーで2千円?4万円、メスで切除する方法だと数千円から3万円程度が費用の相場となっています。